2016年11月18日

新十津川町老人クラブ連合会 創立50周年記念式典・祝賀会

すっかり投稿が遅くなってしまいましたが、
新十津川町老人クラブ連合会の創立50周年という大きな節目を記念して、10月20日に創立50周年記念式典及び祝賀会が開催されました。

DSC00623.JPG

式典では、鉢呂会長の式辞のあと、連合会長、単位老人クラブ会長として連合会の発展に尽力いただいた12名の功労者に表彰状が授与されました。このあと、熊田町長、長谷川議長、笹木社協会長、松尾十津川村老連副会長からご祝辞をいただきました。

DSC00661.JPG

DSC00670.JPG

会場を改善センターに移し行われた祝賀会では、桑龍岳(桑龍子)さんに祝吟を披露いただいた後、釣部道議会議員の祝杯のご発声を合図に祝宴がスタートし、遠く奈良県十津川村からお祝いに駆けつけていただいた十津川村老連の5名を囲み、参加した会員の皆さんはこれまでの歴史を振り返り交流を深めていました。

DSC08550.JPG

町老連 創立50周年特別顕彰者※敬称略
【歴代連合会長】
山 口   侃(文京悠遊クラブ)  
寺 田 隆 政(新弥生寿クラブ)
【単位老人クラブ会長】
北 村   弘(福寿会)      
寺 島   敏(橋本明友クラブ)
井 上 留 治(みどり老人クラブ) 
工 藤   健(菊水区寿会)
塚 田   貞(青葉長寿クラブ)  
藤 林   亘(青葉長寿クラブ)
村 中 一 美(中央区交友会)   
 屋 則 夫(南花月老人クラブ)
倉 田 候 行(日進老人クラブ)  

DSC08524.JPG
posted by 新十津川町社協 at 11:09| Comment(0) | 日記

2016年10月31日

社協創立60周年記念 社会福祉大会・福祉のつどい

10月15日、平成28年度新十津川町社会福祉大会・福祉のつどいが開催されました。
昭和31(1956)年に本会が発足して60年の節目を迎えたことから、来場者に記念誌を配布し大会を挙行しました。

式典では、笹木社協会長の式辞のあと、社会福祉に功労のあった4団体に表彰状と感謝状が授与されました。
また、熊田町長、長谷川町議会議長、釣部道議から祝辞をいただきました。

_DSC1871.JPG

式典後に行われた福祉作文コンクールでは、二次審査を経た小中学生の13作品の発表が行われ、その後の最終審査により金賞、銀賞、銅賞が決定しました。

_DSC2052.JPG

午後の福祉のつどいでは、ボランティアグループや協賛団体による模擬店が改善センター内外に出店し、多くの町民らでにぎわいました。

DSC00506.JPG

DSC00478.JPG

また、アトラクションでは、ピエロのテテによるショーや、ジャグリングパフォーマーKUROによるショーで会場は盛り上がりました。

DSC00537.JPG

DSC00575.JPG

最後は毎年恒例の抽選会。
今年も多くの景品を用意して町民のみなさんに楽しんでいただきました。

DSC00593.JPG

社会福祉協議会の活動は、ボランティアさんや関係団体、多くの町民のみなさんに支えられています。
創立60周年の節目を迎え、役職員一同気持ちを新たに頑張って参ります。
これからも新十津川町社協をよろしくお願いします。


【社協会長顕彰】敬称略
◆障害者福祉功労(表彰)
  株式会社セキュメント 代表取締役 松田雅生
◆労力的援助(感謝)
  たんぽぽ1班(給食サービスボランティアグループ)
  たんぽぽ2班( 同上 )
◆経済的援助(感謝)
  ニュー歌謡コスモス会 会長 河島富士子

【福祉作文コンクール入賞者】敬称略
◆小学生の部
 金賞 金山渚紗
 銀賞 山本侑奈、澤村みやび
 銅賞 北口菜々美、奥田琉世、北澤鈴音、坂下心優
 佳作 岩本有生、新庄海斗、長瀬美優、新野琴音
     藪内風穂、木村瑞葵、坂田実咲、坂本亜純
     加藤大凱、功刀敬悟、小田海音、中鉢絢乃
     村田彩音
◆中学生の部
 金賞 桃井彩花
 銀賞 岩田旅人、橋緒戸
 銅賞 高橋花梨、小野眞之介、北村優季
 佳作 引地沙彩、臼窪瞳奈、村上ひより、ア真花
     鶴田愛美、沼田愛美

*「社協創立60周年記念誌」はホームページに掲載しています。
posted by 新十津川町社協 at 10:51| Comment(0) | 日記

2016年10月25日

十津川村老人クラブ連合会 一行が来町

新十津川町老人クラブ連合会の創立50周年記念式典にあたり、本町の母村である十津川村(奈良県)老人クラブ連合会に参加のご依頼をしたところ、5人の老人クラブ連合会関係者が来町してくださいました。

来町した10月19日は、歓迎会が行われ、熊田町長、長谷川議長、笹木社協会長、久保田教育長のほか町老連三役らが十津川村老連のみなさんの来町を歓迎しました。

DSC08429.JPG

DSC08497.JPG

翌20日は、創立50周年式典・祝賀会の終了後、老人クラブ連合会同士の交流会が開催され、互いの連合会活動のことや十津川村や新十津川町の話題で盛り上がりました。

DSC00913.JPG

DSC00915.JPG

最終日の21日は、町長室を訪問し、離町のあいさつを行い、大勢の町民や役場職員に見送られ本町をあとにしました。

IMAG0731.jpg

DSC00926.JPG

10月19日〜21日のスケジュールで、ゆっくりしていただける時間はありませんでしたが、今回の来町により同じ老人クラブ連合会の仲間として、また十津川村と新十津川町の強い絆を感じた2泊3日でした。

DSC00934.JPG

松尾副会長さん、弓場副会長さん、上東会計さん、温井前事務局長さん、事務局の松實さん、遠いところお越しくださり本当にありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

*創立50周年記念式典・祝賀会のようすは後日ブログに掲載します。
posted by 新十津川町社協 at 10:05| Comment(0) | 日記

あざれあ工房施設長杯 第1回卓球大会

かねてより計画していた施設長杯第1回卓球大会が行われました。
普段、作業に使用しているテーブルにネットに見立てたスズランテープ(*)を張り卓球台に。

DSC08316.JPG

リオデジャネイロオリンピック&パラリンピックがあったせいか「賞品よりもメダルが欲しい!」という利用者さんがほとんど(笑)。

メダル獲得を目指して大熱戦が繰り広げられました。

DSC08326.JPG

DSC08329.JPG

DSC08340.JPG

大会には職員も参戦。大いに盛り上がりました。
成績は…大人げない施設長が優勝!(苦笑)

表彰式では、利用者さん全員にメダルと賞状と賞品が授与され、とてもいい笑顔で大会を終了しました。

DSC08388.JPG

DSC08396.JPG

DSC08411.JPG

DSC08419.JPG

第2回目の大会も楽しみにしている利用者さんでした。

(*) どうやら「スズランテープ」は方言のようです(笑)。
posted by 新十津川町社協 at 09:17| Comment(0) | 日記

道央地区戦没者家族研修会

10月6日、洞爺湖町において第13回道央地区戦没者家族研修会が開催され、本町からは役員5人と事務局が参加しました。

特別弔慰金の延長がされたものの、戦没者遺族を取り巻く環境は決して安泰ではなく、月日の経過とともに戦争の悲惨さや平和の尊さは薄れゆきがちです。

IMAG0709.jpg

IMAG0712.jpg

戦没者遺族だけではなく、多くの人にこのような研修に参加してほしいものです。
研修会の合間にアトラクションとして洞爺湖町のひょっとこ踊りが披露されました。

IMAG0723.jpg

それにしても…洞爺湖への日帰りは身体に堪えました(苦笑)。
posted by 新十津川町社協 at 09:05| Comment(0) | 日記

2016年09月23日

あざれあ工房 「ギャラリー猫」に行く!

砂川市在住で猫をモチーフにした作品を制作している山下絵里奈さん。
町内にある「ギャラリー猫」から山下さんの展示会のご案内をいただいたので、有志で行ってきました。去年に続き2回目のギャラリー見学です。

山下さんの作品はすべてが猫に関するものですが、どれも愛らしく、猫の表情やしぐさが独特の視点から表現されていて、猫好きにとっては気持ちがほっこりします。

IMAG0677.jpg

IMAG0678.jpg

IMAG0676.jpg

見学後は「ギャラリー猫」のオーナーさんにお茶とコーヒーをご馳走になりました。
オーナーさんが飼っている猫にも歓迎され、利用者さんは大喜びでした。

IMAG0696.jpg
posted by 新十津川町社協 at 11:17| Comment(0) | 日記

2016年09月13日

共同募金運動創設70年記念 第66回北海道社会福祉大会

9月7日(水)、札幌市教育文化会館において第66回北海道社会福祉大会が行われ
本会から会長、副会長、役員3人と事務局が参加しました。

札幌市内のお蕎麦屋さんで昼食をとり会場へ。

DSC08044.JPG

DSC08046.JPG

大会では、社会福祉や共同募金運動に功績のあった個人や団体に、北海道知事、北海道社会福祉協議会長、北海道共同募金会長から表彰状と感謝状が贈呈されました。

DSC08049.JPG

その後、夜回り先生として有名な水谷修氏による「あした、笑顔になあれ 夜回り先生、いのちの授業」と題した講演が行われました。

DSC08051.JPG

DSC08052.JPG

夜の世界に生きる子ども達と向き合い、一人でも多くの子ども達を救おうと全身全霊で尽力する夜回り先生の姿に共感でき、とても有意義な大会でした。
posted by 新十津川町社協 at 19:04| Comment(0) | 日記

あざれあ工房 パークゴルフに行く!

9月某日、パークゴルフに行ってきました。
利用者さんが楽しみにしている行事の一つです。

DSCN4072.JPG

DSCN4075.JPG

DSCN4078.JPG

みんな真剣に、そして楽しくラウンドしましたが、この日は9月だというのに真夏並みの気温…。
18ホール周る予定を半分にして切り上げました。

終了後、近くにある施設に行き、渇いた喉を潤しました。

DSCN4093.JPG

DSCN4095.JPG

DSCN4090.JPG

こうしたレクリエーションを挟みながら、日々の作業に精を出す工房の利用者さんでした。

DSCN4064.JPG
posted by 新十津川町社協 at 18:59| Comment(0) | 日記

2016年08月31日

空知管内老人のつどい

8月31日、平成28年度空知管内老人のつどい(空知地区老人クラブ連合会主催)が上砂川町体育センターで開催されました。

DSC07985.JPG

開会式の中で、空知地区老人クラブ連合会長表彰が行われ、新十津川町老人クラブ連合会からは橋本明友クラブの寺島敏さん、松原眞さんが老人クラブの育成・指導に大きな貢献をされたとして、表彰を受けました。

DSC07980.JPG

DSC07995.JPG

続いて行われた各町老連からの演芸発表では、菊水区寿会の中根忠芳さんに高校三年生港町十三番地北の国からをハーモニカで演奏いただきました。ハーモニカの音色に合わせて口ずさむ方がいたほど好評でした。

DSC08016.JPG

DSC08030.JPG

参加いただいた会員の皆さん、どうもありがとうございました。

posted by 新十津川町社協 at 20:35| Comment(0) | 日記

2016年08月30日

社協職員 日帰り研修旅行B

8月27日、今年最後の日帰り研修旅行は、積丹の澄んだ海での「青い洞窟シュノーケリング」の旅。
心配していた雨もなく、雲一つない青空が広がる絶好のシュノーケリング日和となりました。

積丹に到着後、海底展望船に乗船の予定でしたが、風が強く、波が出ているので人数を制限して運行し、次の便も運行見合わせとのこと・・・。

急遽予定を変更し、早めの昼食をとることに・・・。
積丹でも人気の「お食事処 みさき」に到着すると、車、車、車・・・の大混雑。10分ほど待って、4人が注文したのはあわび刺身定食とウニ・カニ・イクラの三色丼。どちらも新鮮で美味しく、感想を言い合う間もなく完食しました。

DSC07818.JPG

昼食後、さらに風が強くなっていたため、海底展望船を諦め、神威岬へ。
せっかく来たのだから先端まで行こう!と勇んで遊歩道を進んだはいいものの、立っているのがやっとの強風が吹き荒れる中での階段に次ぐ階段。散歩というよりは過酷なトレーニングになってしまいました。
息も絶え絶えで先端に到着すると、積丹ブルーと言われる透明度の高い海とどこまでも見渡せる大海原が眼下に広がり、帰りに待ち受ける過酷な階段の上り下りも忘れ絶景を満喫しました。

IMG_3816.JPG

なんとか駐車場近くのお土産屋さんまで戻り、ソフトクリームを食べているところに電話が・・・。
「今日は風が強く、波も出ている。海に入るのは危険なので、シュノーケリングは中止です。」とのこと。
6月からシュノーケリングを楽しみにしてきた一行は意気消沈。気を取り直して、パワースポットとして人気の島武位海岸へ行くことに。

島武位海岸前の真っ暗な細いトンネルを抜けると、ここでも絶景が広がります。崖下の海岸まで降りられるということで、降りることにしましたが、不規則な幅の急な階段で一苦労。何とか海岸までたどり着くと、パワースポットということもあってか、カップルの多いこと・・・。
しかし、我々はそんなことは気にせず、波打ち際まで行き、波音と景色に体力回復!パワースポットで運気を高めます。

DSC07887.JPG

IMG_3844.JPG

一通り積丹観光を終え、小樽へ。
「かま栄」で各々お土産を買い、天狗山へ行ってみると、タイミング良く「おたる天狗山夜景の日」なるイベントが開催されており、薪バス「まき太郎」乗車体験や山頂からの夜景、露店を楽しむことができました。

IMG_3851.JPG

DSC07937.JPG

午後9時30分に約14時間のどたばた珍道中を終え、新十津川町に無事帰町しました。
企画者のネタ切れもあり、来年からは「安・近・短」の日帰り旅行を企画してくれるそうです。
どのような旅行になるか、楽しみです。
posted by 新十津川町社協 at 11:25| Comment(0) | 日記